飲食業を生業とする事を考える

飲食店を開く時、何から始めたら良いのでしょうか? まずは、ぼーっと考えていた店のイメージをコンセプトとして紙に書き出してみましょう。 いろいろな課題が見えてくるはずです。 そして、次に考えるべきは資金です。 飲食業を始めるには、どんなところに、いくらかかるのか? 一緒に考えていきましょう。

開店の下準備が出来たら、どんどん行動をしていきましょう

市場調査、同業店舗のリサーチ、物件の下見が終わって店のコンセプトが決まったところで具体的な開店準備を始めましょう。 必要な食材、人、物、など具体的な選定に入っていきます。 この時期はどうしても同時に多くのタスクをこなさなければならないため、一つ一つミスが起きないように進める事が肝心です。

つい忘れがち?だけど重要な事

物件を契約し、内装外装の目処がたった時に、まだまだすべき事が残っています。 飲食業で起業する場合に、役所への必要な届け出がいくつかあります。 特に初めて起業する場合は余裕を持って届け出をしておきましょう。 また営業戦略の準備も必要です、デジタル、アナログの両面から考えていきましょう。

飲食店を始める時にまず考える事

飲食店の経営に憧れる人はかなり多いのではないでしょうか?

これは、飲食店の基礎になる料理だったり飲み物そのものが、家庭で手軽に出来ることが大きいと考えられます。

料理好きが高じて趣味から始めて、何度かお気に入りの料理を自宅で作り、味をグレードアップさせたら、自分や家族だけではなく第三者に、食べてもらいたいと思うのは、必然ではないでしょうか?

また、好きな街で多くの人があなたの店を訪れれば、好きな街があなたを必要としている証しになります。

例えばこれらの理由で、飲食店で独立開業を目指す方は非常に多いのではないでしょか。

しかし、気軽に始められるということは、それだけ競争にさらされるということです。
開業する飲食店は多いですが、実はひっそり廃業をする飲食店もたくさんあるのです。

また飲食店を開業すると言う事は起業すると言う事です。
物件の家賃、材料の仕入れ値、人件費、内装外装の減価償却費、光熱費、通信費、広告宣伝費、そして自分の給料が経費としてかかりますので、お客さんからもたらされる売り上げがこれら経費を上回らなくてはなりません。
味の良い料理であっても、接客態度に問題があったり、人通りから外れた物件で開業すれば、廃業に追い込まれる確立は高くなります。

ここでは、飲食店を始める時にすべき事柄を流れにそって簡単に説明していきます。
ここに書いた事をすれば成功するわけではありませんが、皆が普通にやっているこれらの事をしなければ、経営で大きなハンデを背負う事になります。

飲食店の開業ですべき事を、順を追って一緒に考えていきましょう。


TOP